Raspberry Pi 3のキーボードレイアウト変更

前回の設定でキーボードレイアウトだけできなかったので補足。

やはりキーボードを何かしら接続していないと設定できないらしい。
家にあった適当なキーボードを接続してリトライ。


キーボードレイアウト変更


デフォルトではUSキーボードですらないっぽい。
UKなのかな?

とりあえず設定に入る。
下記コマンドを入力して設定画面を開く。

 sudo raspi-config


開いた画面から[4 Localisation Options]を選択。

pikey000.JPG

次に[I3 Change Keyboard Layout]を選択。

pikey001.JPG

しばらく待つと下記画面に切り替わるので[標準105キー(国際)PC]を選択。
なぜか「日本語106キー」は見当たらなかった。
通常通り日本語キーボードを使用するのは難しいのかもしれない。

pikey002.JPG

次に[日本語]もしくは[日本語(OADG 109A)]を選択。
色々と調べてみると「日本語(OADG 109A)」を選択している人の方が多いようだ。

pikey003.JPG

次からはオプション。

そのまま[デフォルト]を選択。

pikey004.JPG

これもこのまま[コンポーズキーなし]を選択。

pikey005.JPG

次は必要に応じて。自分はとりあえずデフォルトの[いいえ]で。

pikey006.JPG

これで設定を終了して、リブート。

 sudo reboot


これで立ち上がってくれば日本語レイアウトに・・・ならなかった・・・。
設定自体は日本語になっているのだが、微妙にキー配置が違う。

原因調査は後日に回して、一旦ここまで。
今年最後に後味の悪い結果になってしまった・・・。



みんなのRaspberry Pi入門 第3版


この記事へのコメント

人気記事