Creators Updateで不具合発生

Creators Updateにしてから暫く使ってみたが、
自分の環境ではいくつかの不具合が発生したので、メモしておく。

これは環境に依存すると思われるので、あくまで参考程度に。


不具合その1:リモートデスクトップツールが動かなくなった


正確に言うと、無理やり動かしているRDP Wrapper LibraryでなぜかLISTENしなくなった。
まぁこれはWindows Updateで動かなくなる可能性は感じていたので、
半ばあきらめモードであるが・・・。

症状としてはサービスは動いているらしいが、LISTENしていない。
既に最新版であったため、今後のアップデートに期待ってところか。

fug00.jpg


不具合その2:ファイラーが落ちる


As/R」というファイラーを使っていたのだが、起動せず落ちてしまった。
何度やっても同じ事象。

fug01.jpg

念の為、ホームページから最新版をダウンロードしてアップデートしてみたところ、
あっさりと立ち上がるようになった。

いち早く対応をしてくれたのか、自分の環境が古かったのか、
イマイチ詳細は不明だが、動いたので良しとしよう。


不具合その3:コントロールパネルが開かない


正確には、開いた後なぜか落ちるって感じ。
環境依存かもしれないが、詳細は不明。

・Windows10 Home 64bit、デスクトップ → ちゃんと起動する。
・Windows10 Pro 64bit、ノート → 起動後すぐに落ちる。

コントロールパネルが開かないので、設定変更がやりづらいが、
Creators UpdateからWindows10の「設定」に大幅移行しているので、
それほど支障はないかもしれない。

慣れ親しんだコンパネが使えないってのは少々痛手だが、
まぁ現段階で設定変更したいことはそうそうないので、良しとしよう。

以上。



Microsoft Windows 10 Pro Creators Update適用版
32bit/64bit 日本語版 (最新)|オンラインコード版


この記事へのコメント