Logicoolの新技術「Flow」

最近の気になることと言ったら、LogicoolのFlowという技術である。
Logicoolと言えば、コンピュータの周辺機器(マウスやキーボード)で有名な会社。
個人的には、Logicoolのマウスは握った感触も操作性もとても気に入っている。

で、肝心の「Flow」とはなんぞや?


Flowの概要


公式ページを見てもらうと「空間を飛び越えて」というキャッチフレーズに衝撃を受ける。

なんとマウス一台で複数台のPCを操作できるとのこと。
簡単に言うと、マウスカーソルが複数台のPC間を行き来できるのだ。
これはちょっとビックリ。

文字だけだと解りづらいので、Youtubeで見つけた動画を貼ってみる。

下記は公式にあったYoutubeのリンク。



下記はレビュー動画。
いくつか動画が上がっているが、これが一番解りやすい。
カーソルの移動の仕方に注目!



Youtubeの動画って勝手に貼っていいのだろうか・・・?
でも「共有」って項目あるしな・・・ダメなら消すか・・・。

このFlowのすごいところは、カーソルが移動して操作ができるだけではなく、
クリップボードの共有もできるところだ。

PC-1でコピーした文字をPC-2で貼り付けるとか、
ファイルサーバを介さずにPC間でファイルをコピペできるとか、
見ているだけで欲しくなってしまう。

もちろんそれぞれのPCにソフトウェアのインストールと初期設定は必要ではあるが。


Flow対応製品


現在のFlow対応マウスとキーボードの一覧は下記になる。

マウス
MX MASTER 2S
MX ANYWHERE 2S
M590 MULTI-DEVICE SILENT
M720 TRIATHLON
キーボード
K780 Multi-Device
K380 Multi-Device
K370s Multi-Device


値段はピンキリ。
Flow的にはソフトウェアだからマウスの値段によって使い勝手が変わることはないのかな?


同じような機能のソフトウェア


Flowと同様の機能を持っているソフトウェアに「Synergy」というものがある。
これもマウスとキーボードを複数台のPCで共有でき、クリップボードまで共有できる。

下記は公式にあったYoutubeのリンク。



両方使ったことが無いので何とも言えないが、ほぼほぼ同じようなもののようだ。
まさにシームレス!

Synergyは有償のソフトウェアであり、
Basic($19)、Pro($29)、Enterprise(要見積り)とある。

BasicとProの違いはSSL暗号化ができるかできないか。
自宅のLAN内でしか使わなそうだし、購入するならとりあえずBasicでいいかな。

このFlowSynergyにどのような違いがあるのかは今のところ解らないが、
機会があれば両方試してみたいと思う。

以上。



ロジクール FLOW機能セット
ワイヤレスマウス MX2100sGY + フルサイズbluetooth高機能キーボード K780


この記事へのコメント