CiscoルータでSNMPのテストTrapを飛ばす

SNMPサーバへのTrap送信確認を実施するには 実際に機器を再起動したり、ケーブルを抜いたりして Trapを生成しないといけないと思っていた。 確かに実際の監視テストであればすべきではあるが、 ACLを変更したり、サーバのアドレスを変更したから、 Ping以外の疎通確認を実施したいということも多々ある。 そんな時にも実際にケーブルを抜いて通信断を起こさないと SNMPの確…

続きを読む

人気記事