Windows Server 2016の評価版をインストールしてみる

ふと気づいたらWindows Server 2016の評価版があったので
仮想マシンとしてインストールしてみた。

個人的にWindows Server 2012のModern UIが好きになれなかった。
8はともかく、2012はサーバなんだからタブレットは使わないだろ!

まぁModern UIがタブレットだけの為にあるわけではないとは思うが、
アプリケーションを選択する度に画面を切り替えなければいけなかったので、
サーバとしてはとても使いづらいと感じていた。

そして2016の登場である。
おそらくWindows10ライクになっているはずなので期待。


Hyper-Vへのインストール


いつも評価版は仮想マシンとしてVMwareに入れていたのだが、
今回はせっかくなのでHyper-Vへのインストールを試みた。

若干マシンスペックが貧弱なので、起動してもカクカクの可能性もあるのだが・・・。


とりあえずHyper-Vを起動。
右ペインの「新規」から「仮想マシン」を選択。

wsv000.JPG

ウィザードに従い進めていく。
ここでは特に選択するものが無いので「次へ」をクリック。

wsv001.JPG

仮想マシンの名前を決めて「次へ」をクリック。
もし、格納場所を変更したければ、チェックボックスにチェックを入れ、
変更したい場所を指定する。

wsv002.JPG

世代に関しては良く解らないので、そのまま「次へ」。
とりあえずベースのマシンスペックが良くないため、第1世代で問題ないだろう。

wsv003.JPG

メモリは本当は2GBを割り当てたかったのだが、エラーになったので1GBのまま「次へ」。
Proがノートしかないって虚しいな・・・インストール後まともに動けばいいが。

wsv004.JPG

ネットワークはインターネットに繋がるように選択する。
デフォルトは「なし」が選択されている為、適宜選択し直して「次へ」。

wsv005.JPG

仮想ハードディスクはサイズのみ指定すれば問題ない。
デフォルトでは127GB程度になっているので、今回は40GBに絞ってみた。

サイズ欄に「40」と入力し、「次へ」。

wsv006.JPG

今回はISOファイルからインストールする為、「ブートCD/DVD-ROMから・・・」を選択。
イメージファイルとしてダウンロードしたISOファイルを指定し「次へ」。

wsv007.JPG

最後に内容を確認し、「完了」をクリック。

wsv008.JPG

するとウィザードが終了するので、マネージャに戻って、
Windows Server 2016が追加されていることを確認する。

wsv009.JPG


Windows Server 2016のインストール


ここからはServer自体のインストール作業になる。

ダブルクリックでコンソール画面を開き、左上の起動ボタンでサーバを起動させる。

wsv010.JPG

セットアップウィザード。
ここではすでに日本語環境が選択されているので、何もせずに「次へ」。

wsv011.JPG

そのまま「今すぐインストール」をクリック。

wsv012.JPG

セットアップ開始。

wsv013.JPG

暫くするとOSの選択画面が開く。
通常のWindowsと同様にGUIが使いたいので、デスクトップ環境を選択する。

ここでは「Standard」の「デスクトップエクスペリエンス」を選択して、「次へ」。

wsv014.JPG

「同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリック。
毎回思うのだが、ここまできて同意しない人とかいるのだろうか・・・。

wsv015.JPG

インストールの種類は、新規インストールの為「カスタム」を選択し、「次へ」。

wsv016.JPG

ドライブはそのままの状態で「次へ」をクリック。

wsv017.JPG

インストールの開始。

wsv018.JPG

少し進む。

wsv019.JPG

長い・・・。

wsv020.JPG

気づいたら次に進んでいた。何やらクルクルしている。

wsv021.JPG

デバイスの準備中でもクルクル。

wsv022.JPG

何かを準備中でもクルクルは終わらない。

wsv023.JPG

やっと進んで、パスワードの設定に。

wsv024.JPG

Administratorのパスワードを決めろと出ている。
8文字程度のパスワードを決めて「完了」をクリック。

wsv025.JPG

何も考えずにやったら、パスワードポリシーに引っかかってしまった・・・。

wsv026.JPG

どうやら小文字アルファベットと数字だけでは認めてもらえないらしい。
大文字アルファベットも織り交ぜて次の処理へ進む。

来た!どこかで見たことある画面。
ガッツリ日時が表示されていて作業日がバレバレであるが・・・。

wsv027.JPG

おなじみのCtrl + Alt + Deleteにてロックを解除。
Administratorのパスワードを入力し、いざログオン。

wsv028.JPG

初回ログオン時のプロファイルを作成中。
デスクトップが待ち遠しい。

wsv029.JPG

ついにご対面!
・・・。
見た目はほぼ10と変わらんな・・・。

wsv030.JPG

スタートメニューを開くと、サーバであると認識できる。
このあたりのアイコンを見るとちょっと安心するなぁ。

wsv031.JPG

とりあえず、Defenderを動かして定義を最新にしておく。

wsv032.JPG

Windows Updateも忘れずに。

wsv033.JPG

これでインストール完了!


見た感じは、ほぼWindows10と変わらなかった。
8が嫌いな自分にとっては、2012よりは使いやすそうだと感じた。

とりあえず今回はインストールまでで終了にしておこう。



Windows Server 2016: The Administrator's Reference (English Edition)


人気記事