Amazonで購入した500円の無線マウス

先日ITニュースを見ていたらAmazonでマウスがワンコインセールとの記事を見つけた。
※現在はセール終了で、通常料金になっている。

半年前だか一年前だかにも同じようなワンコインセールをやっていて、
とても気になっていたので、今回は購入してみた。

そのマウスというのがこちら。黒・青・赤の3色があるようだ。


LOGICOOL M170 2.4GHz


ロジクールの「M170」というマウス。
ちょうど持ち運び用の無線マウスが欲しいなぁと思っていたのでちょうど良かった。

Amazonの購入ページで確認すると、確かに500円なのだが、
「あわせ買い対象商品」とのこと。

mouse00.jpg

前はこんな表示なかったような?まぁいいか。
調べてみると2000円以上購入すると500円でこのマウスが買えるらしい。
ちょうど他にも買いたい商品があったので、これもまたちょうど良かった。

どんなマウスかはさておき、500円なら多少しょぼくても諦めがつくというもの。
セールが終わる前にポチッとしておいた。


500円マウスの感想


そんなこんなで500円マウスが届いたので、開封してみた。
箱はこんな感じ。意外とコンパクトにまとまっている。

mouse01.jpg

中身を出してみたところ。
周りのボコボコしているところはラバー素材なのかと思ったが、
触ってみるとガッツリとプラスチックだった・・・。
まぁ500円だし、しょぼくてもいいさ。

mouse02.jpg

すでに単三電池が一本装着されていた。
その隣の「logicool」のロゴ部分がワイヤレスレシーバーになる。

mouse03.jpg

特にドライバなどもインストールする必要はなく、
レシーバーをPCに接続してマウスの電源をONにすればすぐに使用できた。

使ってみた感想としては、下記になる。

  • 使い心地は普通。良くも悪くもない。
  • サイドの進む/戻るボタンはなし。
  • 全体的につや消しプラスチック。ホイールまでプラスチック。
  • 個人的にはちょっと小さい。※大きめマウスが好きなので
  • 単三電池一本で約12ヶ月は最近のマウスでは普通なのかな?
  • 底面の光部分はレーザーの為、特に光らない。
  • 電源をONにしてもどこも光らないのでON/OFFの判断がしづらい。
  • レシーバーを挿すだけですぐ使えるのはlogicoolの良いところ。
  • レシーバーを収納するのに電池の蓋をあけなければならないのが面倒。
  • レシーバーは残念ながらUnifying非対応。


こんなところだろうか。

まぁ今回のマウスの大前提として、持ち歩きたいというところが大きいので、
性能面はまったく重視していなかったが、意外と使えそうだ。

結論を言うと「可もなく不可もない普通のマウス」ってところだろうか。
ワンコインってことを考えると全然許せるレベルである。
しかし、人によってはこのプラスチック感が嫌だという人もいるだろう。
マウスにこだわりのある人には勧めないかな。

気になる人は一度お店で触ってみるといいと思う。
このプラスチック感は実際触ってみないとわからないと思うので・・・。


あとAmazonのマウスのページを見ていて思ったのだが、
最近海外発送のマーケットプレイスで激安のマウスが多々あるようだ。
通常4000円近くするマウスが200円以下で出品されていたりとかね。

詐欺の可能性もあるので、マーケットプレイスから購入する場合は十分注意しよう。
どうしても買いたい場合は、商品がAmazon発送であるものをなるべく選んだほうが無難。

以上。



LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t


人気記事