Windows Terminalがストアから落とせるようになったらしい

近々実装されると噂のあったWindows Terminal。
今まではGitHubに上がっていたのは知っていたが、
そのうち試そうと思ってずっと放置していた。

ちなみにWindows Terminalとは、コマンドプロンプトやPowerShell、
WSLやSSHでのリモート接続など、統合してタブごとに管理できるスグレモノらしい。
説明文を読むだけでも若干ワクワクしてくる。

タブ機能のターミナルソフトはフリーでもあったが、
Microsoft公式だからこそコマプロまでも統合することができるというもの。

YouTubeの公式動画があったので、なんとなく貼っておく。
これ見ると不思議とインストールしたくなる不思議。




そんなWindows TerminalがWindowsストアからプレビュー版が落とせるとのこと。
まじか!それはGitHubから落とすより導入しやすいし、さっそく入れてみようっと。

Windowsストアを開いて「Windows Terminal」と検索。
プレビュー版が出てくるのでそのままインストール・・・。

あれ?インストールできない??

よく見ると下の方にシステム要件エラーが出ていた。
なんだろう?

wterm000.JPG

どうやらWindows10のバージョンでエラーになっているようだ。

wterm001.JPG

あれ?今のバージョンってなんだっけ?
ということで「winver」にて確認してみる。

wterm002.JPG

現在のバージョンは「1809」。
どうやら「1903」以上でなければインストールできないらしい。
プレビュー版なんだから少しくらい古くても使わせてくれよ・・・。

Windows Updateに何か出ているかな?と思い開いてみるが、
「このデバイスではまだ準備が完了していない」とのことで、あえなく撃沈。

wterm003.JPG

準備ってなんだよ、準備ってよぉ。

手動でアップデートしてしまおうかと思ったが、
最近のアップデートは何かしら動かなくなったりファイルが消えたりと
ちょっと怖いので、自然に落ちてくるのを待つことにした。

無事アプデできたら、早々にインストールして試してみよう。


今回は以上で。



PowerShell実践ガイドブック
~クロスプラットフォーム対応の次世代シェルを徹底解説~


人気記事