WindowsアップデートしたらBluetoothが使えなくなった

最近Windows10のアップデートで20H2がまもなくやってきますと表示されていた。
今週に入ってから使用しているノートPCにもやっと落ちてきたので
不具合情報も調べずにさっさとアップデートしてしまった。

20H2000.JPG

まぁ使い勝手はさほど変わらないかなと思い、そのままシャットダウン。
翌日、PCを起動するとBluetoothマウスが動かなくなっていた・・・。

あれぇ?前回シャットダウンしたときは普通にマウス動いていたはずなのになぁ?
で、とりあえず再起動するも変化なし。

むむ、こいつはアップデートした不具合かもしれんな・・・。
そんなこんなで復旧までの流れをメモしておく。


不具合の確認と対処


デバイスに不具合が発生したとなれば確認すべきはデバイスマネージャーだ。
ということで確認してみると、やはりBluetoothドライバにエラーが出ていた。

20H2001.jpg

内容は「エラー43」とのこと。

20H2002.jpg

ドライバを更新しても最新と言われ何も解決しなかった。
デバイスの無効から再度有効にする方法も試してみたけどこれまた解決せず。

仕方がないのでデバイスを削除し、再起動することにした。
そうすることによって再認識されることを祈る。
何かチェックボックスがあるが、とりあえずこのままにしておこう。

20H2003.JPG

"アンインストール"を押したあと再起動をかけるも残念ながら解決しなかったのだが、
デバイスが再認識された形跡はあったが、ドライバが更新された形跡がなかった。

あれ?さっきのチェックボックスはやっぱチェックしないとダメなのか?
ということで今度はチェックを入れてリトライ。

20H2004.JPG

古いノートPCなのでこれでダメなら諦めようかなと思ったが、
再起動後なんとかBluetoothを認識してくれた。

前もWindows10の大型アップデートでBluetoothが認識しなくなったことがあった。
Bluetoothのバージョンも古いので、なにかと相性が悪いのかもしれない。

古くてでかいノートPCをずっと使っているので新しいPCも欲しいのだが、
乗り換えが面倒くさくてなかなか手が出せないでいる。
まぁ完全に壊れるまでは使い続けるのもありかなと。


以上。



Bluetoothアダプタ 5.0 Windows 7/8/8.1/10(32/64bit) 対応


人気記事