VSCodeでSRXのConfigを開く

SRX
先日VSCodeでCiscoのConfigを開いてみたが、まあまあ面白かったので、
今度はSRXのConfigを開いてみることにする。

試した結果は以下。

srx_vsc001.png

こちらもデフォルトでは特にハイライトされない。
やはり拡張機能を入れなくてはダメなようだ。

ということで検索してみるも、残念ながら"srx"では見つからなかった。

srx_vsc002.png

念の為"junos"でも検索すると、2つだけ見つかった。
なんと日本人の方が作成しているものがあるではないか!
試しにこちらをインストールしてみる。

srx_vsc003.png

開いただけではCisco同様変化はなかったので、テキストタイプを"Junos"にする必要がある。

srx_vsc004.png

これで無事ハイライトされるようになった。

■set型
srx_vsc005.png

■階層型
srx_vsc006.png

CiscoのConfigより若干カラフルかなという印象。
set型はハイライトされると見やすさはグッと上がる気もする。

テキストタイプの変更がいちいち面倒くさい場合は、
拡張子を".conf"で保存してVSCodeに紐付けてあげればOK。
これでダブルクリックで開いてもハイライトされるようになる。

ちなみに階層型はVSCodeで開くとインデント部分を折りたたむことができる。

srx_vsc007.png

見づらい場合は必要に応じて折りたたむのもありかと思う。
クリックして折りたたんでも良いのだが、ショートカットキーを使うと楽ではある。

■全部折りたたみ
Ctrl + K → Ctrl + 0


■階層ごとに折りたたみ
Ctrl + K → Ctrl + [階層番号(1,2,3,4...)]


■カーソル行折りたたみ
Ctrl + K → Ctrl + [


■全部展開
Ctrl + K → Ctrl + J


■カーソル行展開
Ctrl + K → Ctrl + ]


このくらい覚えておけば良さそうかな。


以上。



徹底解説Visual Studio Code


人気記事