Windows10からFlash Playerを削除する

2020年いっぱいでサポートが終了になったFlash Player。
そういえば手動で削除とかしていなかったけど大丈夫なのかな?
と思い、確認してみるとなんだか普通に残っていた。

flash000.JPG

Windows Updateとかで勝手に消してくれるものだと思っていたが、
どうやら手動で削除しないとダメらしい。


Flash Playerを削除する


サポート終了から一ヶ月も放置してしまったのでさっさと削除してしまおうと思い、
「プログラムと機能」を開いてみるもFlashの文字すらなかった。

flash001.JPG

どうやらAdobeの公式でアンインストールツールが出ているようなので
さっそくダウンロードして使ってみた。

まずは以下ヘルプページからアンインストーラーのリンクへ飛ぶ。
Flash Player と Shockwave Player のアンインストール

flash002.JPG

飛んだ先のページを少しスクロールすると、
アンインストーラーのダウンロードリンクが出てくるのでクリックする。

flash003.JPG

ダウンロードした以下exeを起動させる。

flash004.JPG

あとは指示に従ってアンインストールするだけ。

flash005.JPG

flash006.JPG

再起動完了後に再度コントロールパネルを見てみたがガッツリ残っていた・・・。

flash007.JPG

まだ続きがあるのだろうかと調べてみると以下を削除せよとの記載があった。

C:\Windows\system32\Macromed\Flash
C:\Windows\SysWOW64\Macromed\Flash\%appdata%\Adobe\Flash Player\%appdata%\Macromedia\Flash Player


これを削除すれば消えるのかな?
早速実行するもシステムの許可がないとかでエラーが出て削除できず。
えっ・・・なにこれ・・・助けてGoogle先生。

調べてみるとMicrosoftでもFlash削除用のUpdateを出しているようだ。
なんだよ、あるなら自動で削除すればいいのに・・・。

以下ページに移動して、環境に合わせてダウンロードする。
自分はWindows10 64bitだったので赤枠をクリック。
Microsoft Update カタログ KB4577586

flash008.JPG

すると小窓が開くのでダウンロードリンクをクリック。

flash009.JPG

ダウンロードしたmsuを起動させる。

flash010.JPG

「はい」をクリック。

flash011.JPG

しばらくすると完了となる。

flash012.JPG

再度コントロールパネルを開いてみると見事削除されていた。

flash013.JPG

手動でダウンロードする必要はあるものの、
どうやらMicrosoftのUpdateだけでFlash Playerは削除できるようだ。


以上。



標準ActionScript 3.0入門


人気記事