前回CiscoルータでSNMPのテストTrapを飛ばしてみたが、
JunOSでも同じことができるようなので、SRXで試してみた。


SRXでテストTrap生成


SRXでテストTrapを飛ばす場合はオペレーションモードでrequestコマンドを使用する。

以下、ヘルプで確認したときのログ。
"spoof-trap"という表現は面白いと思う。

admin@SRX01> request snmp ?             
Possible completions:
spoof-trap Generate artificial SNMP notification
admin@SRX01> request snmp spoof-trap ?
Possible completions:
The name of the trap to spoof
adslAtucInitFailureTrap
adslAtucPerfESsThreshTrap
adslAtucPerfLofsThreshTrap
adslAtucPerfLolsThreshTrap
adslAtucPerfLossThreshTrap
adslAtucPerfLprsThreshTrap
adslAtucRateChangeTrap
adslAturPerfESsThreshTrap
adslAturPerfLofsThreshTrap
adslAturPerfLossThreshTrap
adslAturPerfLprsThreshTrap
adslAturRateChangeTrap
apsEventChannelMismatch
apsEventFEPLF
apsEventModeMismatch
apsEventPSBF
apsEventSwitchover
authenticationFailure
bfdSessDown
bfdSessUp
bgpBackwardTransition
bgpEstablished
coldStart
dlswTrapCircuitDown
dlswTrapCircuitUp
dlswTrapTConnDown
dlswTrapTConnPartnerReject
dlswTrapTConnProtViolation
---(more 9%)---


これだけ表示されていてもまだ9%とな・・・。
Ciscoルータは階層ごとにさらにサブコマンドが用意されていたが、
SRXの場合は同階層にずらっと列挙されているようだ。

目当てのものを探すのは骨が折れそうであるが、
どうせテストなんだしcoldStartくらいできれば問題ないように思える。

で、例のごとくcoldStartのテストTrapを飛ばしてみたいので、コマンドは以下になる。

request snmp spoof-trap coldStart


実際に叩いたときのログ。

admin@SRX01> request snmp spoof-trap coldStart    
Spoof-trap request result: trap sent successfully

admin@SRX01>



無事にTrapが生成され、サーバに飛んできたことも確認できた。
サーバとの疎通確認程度であればテストTrapで十分と言える。


以上。



マスタリングTCP/IP SNMP編