Cisco機器でコマンド結果をリダイレクト

Cisco機器でもLinuxのようにコマンド結果をテキストファイルにリダイレクトできるようだ。
あまり使うことは無いかもしれないが、知っていると便利レベル。


append


"append"はファイルに追記する時に使用する。
使い方とコマンド結果は以下になる。

RT01#more flash:test.txt     # 元ファイルの確認
Interface IP-Address OK? Method Status Protocol
GigabitEthernet1 192.168.64.131 YES DHCP up up
GigabitEthernet2 192.168.247.128 YES DHCP up up
GigabitEthernet3 unassigned YES NVRAM administratively down down
Loopback0 1.1.1.1 YES NVRAM up up


RT01#
RT01#
RT01#show ip int brief | append flash:test.txt # appendオプション使用

RT01#
RT01#
RT01#more flash:test.txt # appendのリダイレクト結果確認
Interface IP-Address OK? Method Status Protocol
GigabitEthernet1 192.168.64.131 YES DHCP up up
GigabitEthernet2 192.168.247.128 YES DHCP up up
GigabitEthernet3 unassigned YES NVRAM administratively down down
Loopback0 1.1.1.1 YES NVRAM up up


Interface IP-Address OK? Method Status Protocol
GigabitEthernet1 192.168.64.131 YES DHCP up up
GigabitEthernet2 192.168.247.128 YES DHCP up up
GigabitEthernet3 unassigned YES NVRAM administratively down down
Loopback0 1.1.1.1 YES NVRAM up up


RT01#


このように元ファイルに追記される形でファイルに保存される。


redirect


"redirect"はファイルの内容を上書きする時に使用する。
使い方とコマンド結果は以下になる。

RT01#show ip int brief | redirect flash:test.txt     # redirectオプション使用
%Warning: There is a file already existing with this name
Do you want to over write? [confirm] # 同じ名前のファイルが存在する場合は上書き確認が入る

RT01#
RT01#
RT01#more flash:test.txt # redirectのリダイレクト結果確認
Interface IP-Address OK? Method Status Protocol
GigabitEthernet1 192.168.64.131 YES DHCP up up
GigabitEthernet2 192.168.247.128 YES DHCP up up
GigabitEthernet3 unassigned YES NVRAM administratively down down
Loopback0 1.1.1.1 YES NVRAM up up


RT01#


元ファイルの内容は上書きされ、コマンド実行時の結果のみのテキストになっている。


tee


"tee"は標準出力しつつ、ファイルの内容を上書きする時に使用する。
Linuxコマンドの”tee”と使い方は同じである。
使い方とコマンド結果は以下になる。

RT01#show ip int brief | tee flash:test.txt     # teeオプション使用
%Warning: There is a file already existing with this name
Do you want to over write? [confirm] # 同じ名前のファイルが存在する場合は上書き確認が入る
Interface IP-Address OK? Method Status Protocol # teeの標準出力
GigabitEthernet1 192.168.64.131 YES DHCP up up
GigabitEthernet2 192.168.247.128 YES DHCP up up
GigabitEthernet3 unassigned YES NVRAM administratively down down
Loopback0 1.1.1.1 YES NVRAM up up

RT01#
RT01#
RT01#more flash:test.txt # teeのリダイレクト結果確認
Interface IP-Address OK? Method Status Protocol
GigabitEthernet1 192.168.64.131 YES DHCP up up
GigabitEthernet2 192.168.247.128 YES DHCP up up
GigabitEthernet3 unassigned YES NVRAM administratively down down
Loopback0 1.1.1.1 YES NVRAM up up


RT01#



実際はターミナルソフトのログ機能を使えばいいだけなので、
リアルタイムで使うことはほぼ無いと思われる。

CiscoではEEMなどで定期的にログを保存しておきたいときなどに利用できそうだ。
公式でも紹介されていたので、リンクを貼っておく。

参考:トラブルシューティングに使用する EEM スクリプト


以上。



ポケット詳解CiscoIOSコマンド辞典IOS15.x対応版 (Pocket詳解)


人気記事